検証:
(嘘)≪HISTORY OF YAMATO PRESS SINCE 1886.「明治19年創刊 やまと新聞」≫
(正)≪
HISTORY OF YAMATO PRESS
SINCE 1932.「昭和07年創刊 やまと新聞」≫
================

【やまと新聞】
①「やまと新聞社公式サイト 会員募集のお知らせ
http://www.yamatopress.com/pg104.html
(抜粋)
明治19年創刊以来国会内において保守報道を貫いて参りました。

②「HISTORY OF YAMATO PRESS SINCE 1886 明治19年創刊 やまと新聞の歴史」
(抜粋)
やまと新聞社は保守系新聞社として明治19年創刊、・・・

やまと新聞の変遷3部
明治19年10月7日 やまと新聞創刊号
昭和33年7月19日 帝都日日新聞復刊号
昭和44年7月1日  『帝都日日』から『やまと新聞』へ

     ====
VS====
 
【リサーチ・ナビ(国立国会図書館)】
新聞紙名変遷情報 
http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-534.php

①「やまと新聞」で検索。
http://rnavi.ndl.go.jp/simpledb_search/?keyword=%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%A8%E6%96%B0%E8%81%9E&database=NPTITLETRANSITION
・タイトル:
やまと新聞
明17.10.4「警察新報」創刊明19.10.7「やまと新→明33.11.1「日出国新聞」(4236号)
明37.12.10「やまと新聞」(5704号)→昭19.4終刊
・タイトル: 国民タイムズ
昭33.4.16「国民タイムズ」創刊「新夕刊」と「やまと新聞」が合併
(昭21.1.21「新夕刊」創刊→昭25.3.11「日本夕刊」→昭27.7.16「新夕刊」→昭33.4.16「国民タイムズ」)

・タイトル:
帝都日日新聞
昭7.8「帝都日日新聞」創刊→昭19.4休刊→昭33.7.19復刊
昭44.7.1「やまと新聞」

②「東京スポーツ」で検索。
http://rnavi.ndl.go.jp/simpledb_search/?keyword=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84&database=NPTITLETRANSITION
・タイトル:
東京スポーツ
昭21.1「新夕刊」→昭33.4「国民タイムス」→昭35.4「夕刊東京スポーツ」昭37.9.1「東京スポーツ」

つまり、「明治創刊のやまと新聞」「昭和創刊のやまと新聞」は別の新聞(社)。
明19.「やまと新聞」創刊 ⇒ 昭33.「国民タイムズ」 ⇒ 昭37.「東京スポーツ」
・昭07.「帝都日日新聞」創刊
⇒ 昭33.「帝都日日新聞」復刊 昭44.「やまと新聞」
同名新聞の社史を盗用した、“伝統ある保守新聞ブランド”のでっち上げです。
明19.やまと新聞」創刊 ⇒ 昭33.「帝都日日新聞」復刊 ⇒ 昭44.「やまと新聞」

「創刊」
について。
国会図書館では、創刊紙「警察新報」を改称したものが「やまと新聞」と記載されていますが、
下のwikipediaがいうように号数が連続していないので、「明治19年創刊」となるようです。
(国会図書館の方は、紙名「のみ」の変遷情報なのでしょう。)
「合併」について。
国会図書館では、「やまと新聞」と「新夕刊」が合併して「国民タイムス」創刊。
wikipediaでは、「やまと新聞」を発展させた「新夕刊」が「国民タイムス」に改称し新創刊。
上は発行された新聞の連続性に、下は発行元の新聞社の実態に沿った説明かと思われます。
(詳細は解りませんが、どちらにしても、こちらの流れが「やまと新聞の後継」です。)

  ===
===

【wikipedia「やまと新聞」】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%A8%E6%96%B0%E8%81%9E
この項目では、
「東京スポーツ」
の前身の新聞紙について記述しています。
帝都日日新聞の後継である現行新聞については
やまと新聞社(※1)をご覧ください。
(抜粋)
1886年(明治19年)から1944年(昭和19年)にかけて発行されていた
第二次世界大戦後、
実質的な後継紙として「新夕刊」、「国民タイムズ」が発行された。
・・・・・
1886年(明治19年)10月7日、『やまと新聞』が創刊される。
やまと新聞』は『警察新報』を改題したものとみなされているが、号数は継承していない。
『やまと新聞』は雑報や論説も載せたが、庶民向けの娯楽趣味の宣伝に努めたいわゆる小新聞であり、花柳界や芸能界の記事、続き読み物、ゴシップ記事などが中心的な記事であった。
・・・・・
1900年、
福地桜痴・朝比奈知泉といった老言論人を擁し、山県系の新聞となった。
東京の有力紙の一紙であり、とくに夕刊では他紙を圧する存在であったとされる。
・・・・・
その後、
1940年に児玉誉士夫が経営を継承(※2)するも、新聞統制と空襲被害のため1944年4月を以て休刊した。
・・・・・
1946年1月11日に児玉らの手によって、『やまと新聞』を発展させた新聞として『新夕刊』が創刊される。
戦後創刊した新興夕刊紙の代表格とされ、一時期「サザエさん」も掲載されていた。
1958年4月16日に、新創刊の新聞として『新夕刊』を『国民タイムズ』に改題する。
『国民タイムズ』は再び経営に行き詰まり、大映社長の永田雅一が経営に乗り出し・・・同紙をスポーツ新聞に切り替え、1960年に『夕刊東京スポーツ』(1962年に『東京スポーツ』に改題)が誕生した。
・・・・・
もうひとつの『やまと新聞』
(※1)
昭和07年8月に創刊された『帝都日日新聞』。
昭和19年4月に休刊し、1958年(昭和33年)7月に復刊。
昭和44年7月1日に『やまと新聞』に改題した。
  =============
(※1)wikipedia「やまと新聞社」
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%A8%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%A4%BE&action=edit&redlink=1
この項目では、
1969年に「帝都日日新聞」から改題された『やまと新聞』およびその発行会社について記述しています。
1886年から1944年にかけて発行された『やまと新聞』については
やまと新聞をご覧ください。
(抜粋)
やまと新聞社は・・・1969年(昭和44年)7月より、『やまと新聞』を発行している。
前身は1932年
(昭和7年)8月に創刊された『帝都日日新聞』。
1969年7月1日より『やまと新聞』に改題された。
(注:この間の経緯)
新たな嘘と印象操作をねらった悪質な記述(12/31)。
しかし、すぐに正確な記述に(修正・加筆1/20)。
(6)藪蛇:「やっと書かれた・・・wikipedia 『やまと新聞社』」
参照。

(※2)
 
戦後、「帝都日日新聞」も児玉誉士夫が経営を継承し、後に
「やまと新聞」と改称。
「明治創刊のやまと新聞」の「輝かしい伝統と足跡」にあやかる、という改称の趣旨を、
やまと新聞社「輝かしいわが社の伝統と足跡」“読み変えるペテン”をやったのです。
(4)血脈:「児玉誉士夫とやまと新聞」参照。
(たとえば、上掲 『やまと新聞の歴史』。)
「やまと新聞の変遷」と題して、
ここでは「国会図書館」の資料を使って(笑、「創刊」同様、「改称」を「復刊」読み変えています。
「やまと新聞創刊号(明治19年)・・・帝都日日新聞(昭和33年)・・・やまと新聞復刊号(昭和44年)
http://www.yamatopress.com/history/report.html

「やまと新聞の変遷3部」
1)明治19年 やまと新聞創刊号 ×(他紙)
1)昭和07年 帝都日日新聞創刊号
2)昭和33年 帝都日日新聞復刊号
3)昭和44年 『帝都日日』から『やまと新聞』へ(改称) (やまと新聞復刊号×
やまと新聞社は、明治創刊の「やまと新聞」「帝都日日新聞」関係を、どう説明するのかな

以上、
調べれば、誰にでも容易に確認できる、「国会図書館」と「wikipedia」の情報に基づく
“明治19年創刊の大嘘”についての検証でした。

=======
序に。
「やまと新聞社」のどれも短い自由作文の中から、社史っぽい記述を拾ってみました。
正式な「会社案内・会社概要・社歴」の類は、今に至るも、公表されていません。

(『やまと新聞の歴史』・『会員募集のお知らせ』ほか)
<皇室を敬い  美しい日本の歴史と文化を伝える  明治19年創刊  国会両院記者会  やまと新聞社>
やまと新聞社といってもあまり聞いたことがないと思います。それも当然です。
 ・明治19年創刊以来国会内において保守報道を貫いて参りました
 ・GHQのプレスコードに断固反対しました
 ・その焚書により活動を停止せざるを得ませんでした
 ・国会内で有志により保守報道の火を保つため細々と活動
皆さんが知らないのも当然のことなのです。
 ・現実に終戦後のやまと新聞はほんの数名の社員が記事を作り国会内で手配りするのがやっとの状況
 ・ようやく平成21年になって、外部への取材、新聞の配布などを始めました
 ・正しい歴史とすばらしい文化を報道し伝えていくことを目的に国会内にある唯一の保守系新聞
 ・左傾化して行くマスコミとは一線を画し国会内にあって唯一の保守本流新聞
 ・日本人による日本人のための新聞社
 ・日本をおかしくすることは許しません!
皆様からのご支援が頼りです。何卒よろしくお願い致します

[ 恣意的な読み変え辻褄合わせの絵空事美辞麗句保守受けねらいの物語 ]
つまり、“フィクション”です。
「真実を報道すべき新聞社」にとっては、禁じ手であり、致命的な愚行といえるでしょう。
この新聞社の“歴史的な事実などお構いなく、嘘を積み重ねていく手法”は異様です。
(3)鑑賞:「やまと新聞とねず(きち) の ウソと不思議、そして破綻。」で詳論。